ホーチミンの一軒家

ベトナムの一軒家は間口が狭く奥行きが長い長方形の物件がほとんどです。
普通の一軒家でしたらほとんどが間口が4,5mほどしかありません。
建物の真ん中に階段があり、階段を上って行くと左右に部屋があるという
パターンが多いです。
道路に面している方はだいたい日が当たるのですが、道路に面していない方の部屋が
後ろの家とぴったりくっついてしまっている場合は全く日が当らず、光とりのためのちょっとした吹き抜けが
あるぐらいです。
ひどいところだと、窓もなく、独房といった感じの部屋も結構あります。

ベトナム人的感覚だと日当たりが良い=部屋が暑いということで、
必ずしも日当たりが良い部屋が好まれるわけではないそうです。
実際、日当たりの良い部屋に日中いる場合はクーラーの設定温度を低くしないといけないので、
電気代が余計にかかってしまいます。

レストランや店舗をやる場合にもこういった一軒家を借りて、
内装を工事する場合もあります。

2,3部屋の小さめの一軒家に一人で住む場合は
泥棒に入られやすいので、セキュリティーの面で気をつける必要があります。
posted by Sada at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ホーチミンのマンション

ベトナム、ホーチミンでは現在マンションの建設ラッシュでいたるところで
新しい大型マンションの建設が行われています。
外国からの資本の流動もあって、ホーチミンの街はまさに現在進行形で
発展を遂げています。

さて、ベトナムのマンションと日本のマンションの違いをみてみると、
ベトナムのマンションは作りが以外と安っぽい感じのところが多いです。
デザインの違いなのか私の感じた限りでは外観は日本の昔の集合団地に近いように思います。

マンションは中心部から若干離れた場所や川沿いなどに多く、一階部分にスーパーや
カフェなどのテナントが入っているところが多いです。

現在では400ドル〜600ドルぐらいで2LDKぐらいの物件が多く、
エアコン、テレビ、冷蔵庫など、ほとんど一通りの家具、家電が揃えてあります。

家族づれや少し広めの部屋に住みたい方には最適です。
タグ:マンション
posted by Sada at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 住まいの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。